入院中

先週の水曜日から入院しとる。

金曜日に手術とも言えんが一応手術な腹腔鏡検査手術をしてもらって、腹に開けた穴が塞がるのを待っとる。

 

んで、夜中目が冴えてしかもやる事がないのう困ったのうと思ったところに書きなぐったブログの存在を思い出して、iPad miniで新記事を書いとる。

 

ガンな、抗ガン剤やめてからも大きくならず、はぁもう治ったかと食生活諸々を元に戻しとったら大きくなってきよった。

 

まぁいろいろあるが、死ぬか生きるかって問題より大きな事はなかなか無く、その生きるか死ぬかも悩んで結果が良くなりそうとは思えないとなると、一生懸命何かを考える事に積極的になれないというか、、肩の力が抜けた感がある。

ある程度考えてこれで良い、と思えたら次はグズグズいうフェーズじゃ無くて腰を上げて動く時なんじゃね、みたいな。

そんなわけで俺の中で結論が出なかった事柄がどんどん少なくなっていってる。

結論を出さなくてもいいやとなった事もなんぼかあるが、適当にこの辺でいいだろと思った事が意外としっくりきてて、我ながらははぁこれでよかったのだなと独り言ちる塩梅だ。

 

悪い感じではない。

 

腰の痛み気になるし、気にしてる自分が気になる

今年にはいったころ、運動不足につき、腰を痛めました。

自宅のHDDをたくさん積んだPCを持ち上げたときにグキリ!とやりました。

脊髄を電撃が貫いていって脳天から昇って行ったよ!

 

その後順調に回復していたのですが、腰痛というのは一度やると癖になってしまうそうで、コルセットを外して動いていたらまた痛めてしまいました。

これがひと月半ほど前。

 

1、2週間でそれも治ったんだけど、今度はとくに腰を痛めるようなハプニングはなかったのに左側の腰の上の方がどうもひりひりと痛む・・・

胃の裏側ともいえるような言えないような場所なので、なんというか気になります。

 

ひょっとして・・・みたいな!ね!

まさか・・・ね!

 

転移じゃないよ・・・ね?!

 

とまぁ、ちょっとどこかが痛いとかそういうので深刻な心持になるのが面倒です。疲れますね。 

 

来週大学病院で検査なので先生に相談してみよう。

動画配信サーバーを構築してみる

動機

知人が動画配信をしたいと言っているのを聞いたので、リハビリ代わりに動画配信サーバーを立ててみる気になった。

プロダクト選定

契約しているサクラVPSサーバーにCentOSがインストールしてあるので、そこに入れ込んでみる。

なのでOSはCeontOS7.2

ざっと情報を検索してみるとnginxサーバーのモジュールでRTMPサーバーを立てて運用するという方法が情報量が多かったので、そちらを利用させて頂いてまずは動かすところまでやってみる。(C++RTMP Serverの情報も散見されたが、こちらは公開が終わっているのかソースコードを公開しているところを見つけることができなかった)

 やってみる

 下記サイトを参考にまずはやってみる

nginxでストリーミングサーバを立ててライブ配信する。 - Qiita

なんか躓いたらちょっと頑張って動作させて、その辺を書くつもりだったが・・・なんも躓かないで、もうほんとこのままで動画配信できてしまった。

nginx+rtmpモジュールすごいな!

 

もうちょっとやってみよう

再生される映像の遅延が30秒ほどあって気になったけど、出先でモバイルルーター通してやってたせいかな。自宅に帰ったらまた試してみよう。

あと再生用のWEBページ作ってサイト経由で再生するようにもしてみよう。

今日食ったもの&食えることに感謝

今日は愛妻が風邪でダウンしたので、生姜とニンニクがたっぷり入ったキャベツスープを作って、そこにやわらかめに茹でたパスタを浸したものを作りまして、二人で食しました。

 

割とうまいとのご感想。

自分でもまぁ奇跡のヒットかな、という味でした。

まぁ割とうまかったです。

 

この「うまかった」がね。

すごいよね。ほんと。

 

最近、割と食えるようになってきたんです。

それも「食べる喜び」が出てきたんです。

さすがに病気やらかす前ほど食べることはできませんが、(もうそんなに食いたいとは決して思わないけど)「普通の食事」くらいの量を食すことができるようになってきました。

 

ありがたいことです。

妻が臥せっている横で元気に慣れて嬉しがっているのがちょっとあれですが。

妻も喜んでると思います。

診断書をもらって見てみて凹んでみた!

どーもー!ガン患者です!

最近Youtubeサンシャイン池崎さんの動画を見てはまってます。

っ最強無敵の重病人!!

胃がん!スキルス!腹膜播種!!

いぃぃィィィまにも死にそうなMKクランケぇぇ!

サンシャイィィィイイイン!!

 ・・・

サンシャイィィィイイイン!!

 

ガガガーーーーボコォ! 

ふぅ・・・・それでも太陽は輝いてるなぁ・・・

ガーン!

 

イエェェェェェエエエエエエエエ!!!!!!!

 

さて、1年生き延びて治療のため通った日数も多くなってきました。

それで、はいっててよかった医療保険の請求のため大学病院に診断書を作ってもらいました。

 

中身を見て感じたこと

・うわーよく生きてんなぁこの人

わからないキーワードを検索して調べてみて感じたこと

・うわーうわー凹むわうわー

 

ということで、「TNM分類」というキーワードがよくわからなかったので調べてみました。

TNM分類

悪性腫瘍(つまりガンですね)の進行度合いの分類法みたいです。

UICC(国際対ガン連合)や日本のがん医療ガイドラインともされている「癌取り扱い規約」でも採用されているとのことで、かなり広く採用されている分類法みたいですね。

知らなかった自分が恥ずかしい!ガン患者失格ですね!なにそれぜひ失格したい!!

 

ググってみますと、「肺癌のTNM分類」やら「メラノーマのTNM分類」やら、ガンの種類によってTNM分類のあてはめ方の指針があるみたいですね。

私の場合は「胃癌のTNM分類」が当てはまるということですね。

 

TとNとM、それぞれに評価値があるようです。

  • T 
    腫瘍の大きさや進行深さを表すとのことです。1から4までの4段階のようですが、
    病理によっては一つの段階の後ろにa,bなどをつけてさらに細かい段階に分ける
    ようです。
  • N
    周囲のリンパ節へ転移している状況を表すそうです。0から3までの数字で表すようです。0はリンパ節への転移がないことを表すようです。よかったですね。
  • M
    リンパ節以外の他の臓器への転移があるか、ないかを示すものです。
    0は無しで、1は有るということです。

このTNMの三値の組み合わせで、癌のステージ、いわゆるステージⅠやらステージⅣやらが決まってくるようですね。

胃癌では縦系にTを、横系にN及びMを配したマトリクスで表現できるようです。

とても分かりやすいマトリクスが「日本臨床外科学会」に紹介されていましたので、リンクさせていただきます。

私の場合、Tが4a、Nが3、Mが1なので、、、、

腫瘍が胃の外側表面まで出ていて、周辺リンパ節には7個以上天井知らずの転移があり、遠隔転移があった(これは診断書の他の箇所に「腹膜播種が多数認められ」とあったので、このことでしょうか)ということですね。

マトリクスによるとMが1なので・・・ステージⅣですね!ハハッワロス

 

知らない単語をうっかり検索して凹みました!

ハハッそれもう書きましたね!

 

それでも生きてます

この診断書自体は近日いただいたのですが、TNM分類の数値については去年の3月に腹腔鏡による検査手術を受けているので、その時点のものとなります。

血小板数の低下により抗がん剤を打てなくなったり(見込み通りではありましたが)いろいろありましたが、そこから9か月、新年も迎えられて本当にありがたいことです。

言いたいこと

癌宣告を受けて、ステージが幾つかとか、5年後生存率がどうだとか、もしかしたら医者から余命はこれくらいだとか、ヘビィなキーワードで気持ちを削がれることがありました。私など気が弱いので結構な頻度、度合いであったと思います。今回もわざわざ自分から凹んだりしました。

でも、5年後自分が生きていないとなぜ言えるのか。私のDNAが壊れてできた「何か」を、数十万人のデータを無個性に並べられた中に照らしてみてどれだけのことがわかるというのか。

数回しか会っていない人に、私が数十年付き合ってきた私自身の体のことがどれくらいわかるのか。まして3か月先に死ぬだろうなどとなぜ言えるのか。

わからないはずです。医者が見てきたのは精々私以外の数百人の体だし、その知見の参考にしているデータも私以外の数千万人です。それは一つの意見に過ぎないはずです。
もちろん重要な一つの意見ですがそれ以上ではないはずです。

 

私なんかがいうのも本当おかしいんですが、そんなので僕らが凹むことないんです。

今生きてるんですから、明日生きてる可能性は絶対あります。

5年後だって、あります。

 

 

 

年始からついてます!

今日から親戚一行ととある西のリゾートに一泊旅行の予定だったのですが、朝から熱が出てついていけませんでした!

かみさんが遠慮して自分も残ると言い出しそうなので無理を押していこうと思ったのですが、俺がいなくてもいってくるとのことだったので、それなら、、、いいよ、、、、と自宅に残留

 

どこがついてんだって?

 

発熱のおかげで体温が40度を超えそうなのです!

がんは熱に弱いというお話がありまして、40度を超える熱を出した後にがんがきえてしまった・・・という噂がちらほらと聞こえてくるんですよね。

 

人生寒翁が馬、これもこの先うん十年を生き延びるた

今日から親戚一行ととある西のリゾートに一泊旅行の予定だったのですが、朝から熱が出てついていけませんでした!

かみさんが遠慮して自分も残ると言い出しそうなので無理を押していこうと思ったのですが、俺がいなくてもいってくるとのことだったので、それなら、、、いいよ、、、、と自宅に残留

 

どこがついてんだって?

 

発熱のおかげで体温が40度を超えそうなのです!

がんは熱に弱いというお話がありまして、40度を超える熱を出した後にがんがきえてしまった・・・という噂がちらほらと聞こえてくるんですよね。

 

人生寒翁が馬、これもこの先うん十年を生き延びるための布石かもしれません。

 

あーーかみさんの写真いっぱい撮りたかったなぁ。

めの布石かもしれません。

 

あーーかみさんの写真いっぱい撮りたかったなぁ。

 

あけましてめっちゃくちゃめでたい!でしょ!

おっす!オラガン患者!

まだ生きてっぞ!!

 

こいつはメタめでてーよなぁ!!

 

抗がん剤治療がキツイのもあってブログのことをすっかり忘れてた。

ははは!新年!生きてます!!

 

お盆ごろにはお別れしてるのかなーって思いが頭の片隅にずっとあったんだけど、いろいろと上手いことが上手く合致して生きてます。

 

とりあえず、いまは抗ガン剤の処方は受けてません。

食事制限、サプリメントで体調をコントロールしています。

ガン本丸の胃に関しては現状維持(と言ってもオキサリプラチン摂取時にかなり縮小しており、大分状況は良くなってからの現状維持です)、転移していたリンパ節の腫瘍に関しては縮小していっています。

腫瘍マーカーは一般レベルまで下りきり、ここ半年はそのまま横這い。

夢のようですね。

 

もしかして夢なのか?

本当に俺は生きていて、ここにいるのか?

なんて日に一回は思うけど、まぁ生きています。

発覚してほぼ一年ですね。ラッキー!

 

この9ヶ月のこと、どんなことをしてきたかなど、またここに残していこうと思います。